不倫サイトを利用するキッカケ

不倫サイトを利用するキッカケ、それは単身赴任でした。地方の若い女の子に対しては、何だかギャルっぽ過ぎるイメ−ジが強く、アシュレイ・マディソンを利用する事にしたんです。

それでも不倫サイトの中にもギャルのノリ丸出しの書き込みも少なく無いので、うんざりする事もあるのですが。私の勝手な希望だったのですが、地方ならではの素朴な雰囲気の人妻との出会いを望んでいました。

単身赴任ですから、身の回りの事も全部自分でやらねばなりませんから、どこかやすらぎを感じられる女性と出会いたかったのです。不倫サイトでこんな事を望むのは、少し違うのかも知れませんね。

最初の数週間、全く思うような展開が得られず、そのうち面倒臭く感じ始めてしまいました。そんな時、非常に読み辛い人妻の書き込みを見つけたのです。そんな時に限って返事が届くので、何とも皮肉なモノですよね。

何ともテンションが高過ぎるメールに戸惑いつつ、敢えて丁寧な応対をしたんです。そんな調子で幾度かメールを交わしていると、突然ごく普通のメールにメアドが添えられて届いたんです。それに返事を返すと、再度ごく普通の文章が。

何でも不倫サイトでオバサン扱いされないように、そんな風に敢えて振るまったのだとか。そんな肩肘張らずに普通に会話したい、って伝えたのが安心感になったのか、実際に会える展開になったのです。こちらは土地勘も無いので、待ち合わせ場所を指定してもらったところ、指定先はカラオケボックスでした。

現れた少し太めで色白な人妻は、不倫サイトとは無縁な雰囲気でした。カラオケを楽しみ、軽く食べながら色んな話をして、3時間ばかり過ごしました。田舎故に近所の目を物凄く気にせねばならず、私みたいに他の土地から来て短期間滞在している相手と出会いたかった、との事。

偶然が偶然を呼んで、マッチしたみたいでした。こちらには単身赴任の自室もあるので、これも便利です。不倫サイト利用開始から、実際の出会いまでが1ヶ月以上。そこから自室に招くまで、更に数週間。

単身赴任機会に目的達成出来たのは、正直片手程度でしたが、家事もこなしてくれた人妻との時間は、何だか本当の夫婦みたいな錯覚も覚える程、心地良いモノでした。

関連記事