不倫サイトを使う女性の気持ち

アシュレイ・マディソンを利用して長くなりますが、最近ようやく不倫サイトを使う女性の気持ちが分かり始めました。彼女たちは、旦那さんと離婚したくて不倫サイトを利用しているわけではないのです。

結婚生活が長くなると、独身のときの生活と違い、それなりにストレスが溜まってくるのです。独身気分で気分転換したくても、人妻ゆえに世間体を気にして遊べない。そのようなフラストレーションの溜まった人妻が不倫サイトを利用して、割り切った大人の関係を持てる相手を探しているのです。

不倫サイト内では、人妻に主導権があり、待ち合わせ場所や時間、セックスするしないから、プレイ内容に関しても、すべて人妻が自由に決められるのです。家庭がある人妻を男性が配慮してくれるわけです。

人妻にとっては、不倫サイトこそが誰にも迷惑をかけずに、家庭を崩壊させることなく遊べる場所なのだと、やっとわかったのです。しかし、このようなことが理解できたからといって、いい出会いが実現できるわけでもなく、こまめなメールを出したり、相手を口説く努力も必要になるわけです。

最近、久々に、出会いを叶えられた人妻がいました。相手は非常に可愛いい感じで、どうしてこんな人が、と思ったほどです。もちろん心のなかではそう感じましたが、それをあえて口に出して伝えるのは失礼だと思って、黙っていました。

何度か会うようになり、セックスする仲になりました。そのとき彼女が不倫サイトを利用している理由を教えてくれたのです。話を聞くと彼女の旦那さんは、バイセクシュアルということ。つまりセックスの相手が男性であれ、女性であれ、どっちでもかまわないという人です。夜の営みはあるものの、彼女は納得できなかったみたいです。

旦那さんも、彼女が不倫サイトを利用していることを知っているようです。最近は、夫婦の関係がよくなったと言います。不倫サイトを利用し始めてから、身も心もスッキリしているということですが、本気で浮気をしているわけではないということです。それに世間体のことを考えても、周囲からは仲の良い夫婦とみられますから。その人妻とは今も定期的に会ってセックスしていますが、不倫サイトを利用する理由も、各自いろいろあるのだと痛感しているしだいです。

関連記事